ポスターデザイン

HOME » ポスターづくり » ポスターデザイン

ポスターデザイン

自社の商品やバンドのライブ、演劇の発表などをする際に宣伝のためにポスター制作をすることがありますが、そこでまず気になるのがどのようなデザインにするのか?という点だと思います。
街中にもいろいろなポスターが貼ってありますし、歩いていると見かける機会もよくありますが、ひと目見ただけで覚えている特徴的なものもあれば、何回か目にしているのにあまり印象に残らないデザインのものもあります。
どちらもきちんと考えて制作しているのでしょうが、やはりたくさんの人たちの印象に残ったほうが宣伝効果は高いと思いますので、ポスターのデザインをするときにはまずどのようにすればたくさんの人の目に入るかを考えたほうがいいでしょう。

それでは印象的なデザインのポスターを制作するためにはどのような点がポイントになるのでしょうか?
これはまず情報を欲張って書き過ぎないというのがポイントで、宣伝したいことが多いのはどこも同じだと思いますが、あまりにも情報を詰め込み過ぎると文字数も当然多くなってしまいますので、見る側は読みづらくなってしまいます。
読みづらいポスターは目に入っても足を止めようという気にはならないでしょうし、そのまま通り過ぎてしまいますから印象にも残りづらくなってしまいます。
ですからできるだけ読みやすい程度の文字数に抑えることが重要ですし、ある程度離れた距離から見ても読めるくらいでなければいけません。

またどのような点を強調したいのかもポイントになりますので、一番アピールしたい部分はどこなのか、まずはここを決めておきましょう。
たとえば自社の商品をアピールするなら、どんなところがポイントになるのかを強調すると、そういった商品を求めている人が足を止めるきっかけにもなります。
販売する日にちなどは足を止めれば誰もが確認しますので、あまり重要ではありません。

次に目に留まりやすいデザインのポスターは色の使い方もとても上手ですが、これはポスターを貼る場所も大きく関係しています。
ポスターを貼る場所は基本的に背景の色とポスターのベースカラーが被らないことが重要で、背景と同化してしまうと目立ちにくくなってしまいますから、せっかく良いポスターを作っても目に入りづらくなってしまいます。
いいデザインのポスターができたら、貼る場所にもこだわることが大切になりますし、どこに貼ればたくさんの人に見てもらえるか目線の位置も意識しておくとより分かりやすいと思います。