ポスターデザインの事例

HOME » ポスターづくり » ポスターデザインの事例

ポスターデザインの事例

自分たちで制作した商品や音楽ライブ・コンサート、演劇の発表会など何か宣伝したいときにはポスターを制作して街中やお店に貼らせてもらうと思いますが、そういったものの中には非常に印象深いデザインをしているものもあれば、あまり印象に残らないものもあるので不思議です。
特別凝ったデザインというわけではないのになぜか印象に残るポスターもありますし、逆に華やかなデザインをしているにも関わらずあまり印象に残らないポスターもあります。
そこでここでは人々の印象に残りやすいデザインのポスターとはどんなものなのか事例をあげながら説明していきたいと思いますので、これから何か宣伝するためにポスター制作をする人は参考にしてほしいと思います。

はじめにポスター制作をするうえでとても重要になるのがどこの印刷会社を利用するかで、これはポスター制作を普段からやっていて、デザイナーが在籍しているところを選ぶようにしてください。
デザイナーがいることによって自分が考えたデザインをより良いものに変えてくれますし、自分では思いつかなかったアイディアを出してくれたり、アドバイスももらえますのでとても助かりますし、納得できるデザインにしやすくなります。

たとえばシンプルなデザインにするなら、伝えたいことを中心に書かなければいけませんが、日付や場所などはポスターそのものに興味を引かれれば自然と確認するものなので、何を伝えたいポスターなのかきちんと明確にしておくことがもっとも重要です。
もちろん凝ったデザインのポスターにする場合でも同じことが言えますが、必ずしも伝えたいことをすべて詰め込んだポスターが良いポスターなわけではありませんし、情報量が多くなるということはイコール文字数も多くなってしまうということなので、そうなってしまうとせっかく伝えたいことを書いても読みづらくて目を通してもらえなくなってしまいます。
ポスターはできるだけ離れていても目に付くくらいでなければいけませんし、そのためにはある程度簡潔に伝えたいことをバンっと告知するくらいがちょうどいいのです。

また、こちらの伝えたいこととお客さん側が求めている情報に食い違いがある場合もありますので、できるだけ客観的な視点で見てみることも大切ですし、できれば自分だけで判断するのではなく、周囲の人にも見てもらって意見をもらうようにしてください。
まずはデザインを考えるところからはじめてみましょう。